So-net無料ブログ作成

信長公に藤岡弘さん✩ぎふ命名450年 [その他・雑感]

2017年8月29日、岐阜市の定例記者会見で細江茂光市長は、
10月7、8の両日に岐阜市中心部で開催される
「第61回ぎふ信長まつり 騎馬武者行列」で俳優の藤岡弘さん(71)が
織田信長役で参加することになったと発表

信長公岐阜入城・岐阜命名450年を記念しての特別企画とのこと
(例年は一般公募で決められている)

✩藤岡さんは、10月8日午後0時半に甲冑を着て馬に乗り、JR岐阜駅の南側を出発

 今年は一般公募の前田利家や茶々といった武者や姫の数が増え、
 総勢約200人が市役所までの約3.7キロを練り歩く

✩同日午後3時から3時半には岐阜公園で藤岡さんの野外トークショーも開かれる
 入場無料

藤岡さんはNHKの大河ドラマで信長役を2度演じたことがあることなどから、市が依頼
・1981年の「おんな太閤記」
・1989年の「春日局」

同行列の芸能人による信長役は、
2009年の市制120周年記念の際に務めた岐阜市出身の俳優伊藤英明さん以来

29日の定例会見で細江市長は
「信長は/が岐阜に足掛け10年いたことは、他地域にはない固有の資産
 まつりと通じて市民の皆さんに誇りに感じてほしい」と述べている

藤岡さんは市へビデオメッセージを寄せ
「「信長は思い入れの深い役で光栄に思う
 歴史を感じられる岐阜の街で岐阜の人と触れ合うことを楽しみにしている」
 と語っている


nice!(0)  コメント(0) 

警視庁いきものがかりφ(..)メモメモ [ドラマ]

動物から、事件の謎を解く
「コミカル・アニマル・ミステリー」

『警視庁いきもの係』が始まった  7月9日(日)スタート 
 毎日曜日、夜9時が楽しみです!

7月クールの日9ドラマとしてフジテレビが開始

動物の生態をもとに事件の謎を解き、事件解決に奔走するのは、
警視庁総務部総務課・動植物管理係(架空の部署)の
鬼警部・須藤友三こと渡部篤郎と
新米巡査・薄圭子の橋本環奈 


原作は、作家にして、
映画「名探偵コナンから紅の恋歌(2017年4月公開)」本なども手掛ける
大倉崇裕氏の「小鳥を愛した容疑者」、「蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係」、
「ペンギンを愛した容疑者 同係」、「クジャクを愛した容疑者 同係」(講談社)


主人公・須藤友三(すどうともぞう)48歳・・・渡部さん49歳
 半年前までは捜査一課に所属、叩き上げの鬼刑事だった
 ある事件で銃撃を受け負傷、そのため捜査の最前線からはずされ窓際部署である
 いきもの係へ

ヒロイン・薄圭子(うすきけいこ)22歳・・・橋本さん18歳?若いw
 獣医学部卒の動物マニアの巡査
 人間よりもむしろ動物をこよなく愛し、わが道を突き進む圭子
 その豊富な知識と鋭い観察力
 幼少期から動物に対しての異常な興味と天才的な記憶・考察力を発揮

第1話 小鳥を愛した容疑者
 渡部さんは結構いろんなタイプの刑事役やってますよね~
 今回のコミカル系、楽しいです (*˘︶˘*).。.:*♡
 橋本環奈さんと渡部さんと、どちらが天然なのか(・・?
 とにかくあっという間に時間が経って、え?もう終わり?みたいなw
 
 フジテレビが橋本環奈をVIP待遇で鬼門の日曜9時枠抜擢・「荷が重い」と
 同情の声も~なんてコメントもあったけれど
 そんなこと全然感じなかいw  むしろ毎週楽しみです、私♬

第2話 ペンギンを愛した容疑者
 危ない場面で、ペンギンのエサ=凍った魚を投げつけたところはすごかった
 そして、ペンギンにエサをやっていた久慈
 かれを見て、どこか 王室教師ハイネのカイ王子を思い出してしまったw
 
 しかし、実際 犬ですか? と言いたくなるようなあのクンクンぶりww
 される方も見ている方も ちょっと唖然 でも可愛いから許せるw

第3話 蛇を愛した容疑者

 蛇が筋肉ムキムキでかっこいいって(。。)なに?その感覚
 あれよあれよと言う間に・蛇飼育日誌から蛇友にまで推理推察する
 ヒロインの頭の回転のよさ
 そして、主人公との掛け合いが・・可笑しい (*´∀`)

 気持ちが悪い 蛇が 見ていて楽しい ペットになってきたぞ ♬
 
 なるほど・・そういうことですか~蛇がおしえてくれました
 なにを?? さっぱりわかりませんが?? 
 須藤警部補の気持ちわかります     わたし( ^^) _旦~~ 

第4話 ヤギが食べた真相!?息子からの手紙、夏

 記憶は失ってても、染み付いた刑事のカンは冴え冴え~(*˘︶˘*).。.:*♡
 最初からかっこよすぎ♡ 
 でも、<16歳になったという息子からの手紙>に思いっきり動揺・・がまた可愛い♬
 コホン、須藤警部のことは置いといて、今回の動物はスカンク・・いえヤギです!
 テンションMAXの圭子が、ヤギ小屋を調べて一枚の紙切れからどんどんと
 ひらめき=推理=調査とすすめていくきっかけを作る
 ふたりのかけあいの謎解きがテンポよくって楽しい
 そして、まさかの犯人逮捕  
 少年のこれからが一番心配(ドラマにないことだけど)
 
 最後、須藤も誤解が解けて、私も嬉しい ( ^^) _旦~~ ゆっくりお茶が飲めるわ~w


第5話 サルを愛した容疑者

 今回の主役=動物はリスザルです
 寝室で発見された女性の遺体・・
 リスザルが落とした鈍器が頭にぶつかったことによる事故死ーと判定された 
 つまり、何者かがリスザルに殺害容疑をかけた。。。と
 一体それは誰なのか!? というのがこのお話ですね~

 でも、光り物が好きといえば、真っ先に浮かぶのは カラス
 まさかリスザルも大好きだなんて思わなかったです
 まして、隠すだなんてね~ あんなとこにww  盲点です 

第6話 最も賢い鳥

 今回の主役は・・・ヨウム
 今回はちょっと悲しい誤解が絡んでの犯行でしたね
 綺麗な朝顔の鉢が ヨウムにとって毒だなんて
 ヨウム・・ただの鳥ではなかった 高低差で主従関係が決まる鳥w
 世の中広いー
 
 だけど泳げたいやきくんではないけれど、
 なんでいつもたいやきが空中を舞っててるんだ~?て思ってましたがw
 謎が解けました、納得です
 須藤さん、石松さん良かったですね(^ー^) 記憶戻って


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。